信楽焼の狸

毎年、スタッフの親睦会を行い、情報交換をしております。

しかし、新型コロナウイルスの影響で今期はお休みです。

そこで、会費を使い、信楽焼の狸にネームを入れてみました。

ウッドデッキの解体

ウッドデッキとフェンス撤去のご注文を頂きました。
土台コンクリートの斫り作業用に、電動ハンマーの持参も提案いたしましたが、
同じ場所に似たサイズの新規ウッドデッキを設置ご予定とのことで、不要でした。
左側の作業前の画像は、お客様からお問合せ時にご提供いただいたものです。
見積り時、大変助かりました。

シュロの伐採

幹が3メートルほどまでに育ったシュロの伐採と処分を承りました。 もともとは植木鉢サイズだったそうです。 今回は一名で作業可能でした。 竹や、樹木の根っこのように、シュロは持込先が限られることの多い植物ですが、当方では対応しています。

庭木伐採を承りました。

コロナ禍中、ありがたいご注文を頂きました。 デジカメ画像で見積り、翌日に2名で出張作業いたしました。 今回は2メートルほどの脚立で対応可能でしたが、7メートルまで伸びるハシゴの準備もしてあります。

門柱の撤去

コンクリブロックに塗装をした玄関先門柱の解体撤去を承りました。 見積りは、事前にデジカメ画像をご提供頂けましたので、助かりました。 作業は、初めにグラインダーで境界塀との間に切込みを入れて、大金槌と電動ハンマーで砕きました。

物置の解体

既製品の鉄製物置の撤去を承りました。 母屋のひさしの支柱1本を物置の屋根が支えておりましたので、 足場用の単管パイプを用いて代替えの支柱にいたしました。

台風前の枝落し

電線を超えて伸びてしまった垣根樹木の枝落しを承りました。 大台風の前々日に急遽ご連絡いただき、当日に出張いたしました。 ご注文は、電線の1メートル下までの伐採と処分でした。

6畳プレハブの撤去

縁側先に30年ほど前に設置されたプレハブ小屋の解体を承りました。 この大きさのプレハブを解体すると、本体部分だけで、ほぼ軽トラック2台分の処分量です。 さらに今回は、土台のブロックは2段で、下部にはコンクリートが流し込んでありましたので、斫り機でばらして、撤去いたしました。
2019年10月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : tokai

傾斜地での伐採

別荘地で眺望と通風の妨げになっていた森林木の伐採を承りました。 傾斜地でしたので木の重心は谷下に傾いていましたので、重力にしたがい切り落としました。 今回は処分場への運び込みはありませんでしたので、曜日に関係なく承れたご注文でした。
2019年8月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : tokai